痩せていたい私がメタボリック症候群になった経緯

私は昔から体質的なもので、体重が53キロから上の体重に1度もなった事がありませんでした。食事の量は皆さんが摂取している量と同じです。社会人になってもずっと53キロ以上になった事はありませんでした。

因みに私は、タバコもお酒も一切吸わない。飲まないです。厳密に言うとお酒は飲めないです。しかし甘い物は大好きで特に洋菓子が好きです。私の基本的なデーターはこんな感じです。

ある時を境に急に体重が増えました。それは友人と千葉マリンスタジアムに車で向かっている途中後ろから車で追突されました。私は助手席にいましたが、一瞬意識を失いました。救急搬送され、むちうちと診断されました。首にコルセットを巻く生活が2か月続きました。

その2ヶ月間、ミルクティーを大量に摂取していました。すると何故か食欲も旺盛になり、一気に53キロの壁を突き破りみるみるうちに体重が増えていきました。本人は太ったと言う自覚はないのですが、はけていたズボンが履けなくなったりしておかしいな?とそこで初めて気づく訳です。

60キロを超えていました。しかし、ミルクティーを飲むのを辞めずにいると体重は更に増加ついには70キロを超え、75キロまで行きました。太るのは簡単ですが痩せるのは大変です。少し運動等もしましたが、長続きしません。ここら辺がさぼると体重は落ちないですよね?きちんと毎日ウォーキング等しないとダメですね。

後は何と言っても食生活です。偏食をしだしたので体重が増えたのも理由の一つだと思います。人間の体はチョットした要素でいくらでも変わります。何故あのミルクティーが起因となったのかは今でもわかりません。今までも甘い飲み物はたくさん飲んでいましたが、考えられるのはむちうちで会社に行けなかった2か月間の生活にあると思います。まず、通勤をしなくなります。普段職場ならお茶を飲む所を、ミルクティーを飲んでいました。

ここら辺の化学反応が体重と言うメカニズムを大きく変えたのだと思います。スーツ作りましたからね。今まで来ていたスーツが切れないのですから。メタボは誰にでもなります。チョットした気の緩みが命取りです。

参考サイト
メタボリックシンドローム

サブコンテンツ

このページの先頭へ